浮気は性感染症への第一歩

私は夫がいる身なので、何があっても他の男性と不倫しようとかは全然思いません。
元から人見知りであまり男性と話すのも得意ではないので、他の男性とそういう行為をすること自体が想像しただけでも気持ち悪いし嫌なので、考えられません。
けれど、たまに不正出血があったり膣の辺りが痒かったりして不安になり婦人科に行く時があるのです。
その時には、もしもここで性感染症が見つかったりしたら夫から浮気を疑われやしないかとヒヤヒヤしてしまう時があります。
例えば性感染症で最も頻度の高いものとしてクラミジアがあります。
それは、基本的にはオーラルセックスを含むセ 性行為によってしか感染しないと言われています。
そんなクラミジアを疑ってしまうような症状が自分に出てしまうと、夫以外の男性と不倫でもしたと思われたら嫌だなと思うのです。
私は、この性感染症についてだけはしっかりと息子たちに伝えようと思っています。
浮気とか不倫って、男性がするのはそこまで悪い事と思われない場合もあります。
浮気は男の甲斐性なんていう人もいます。
けれど決まった相手としかそういう事はしないようにしていないと、例えば不特定多数の男性と関係を持つ女性と浮気してしまったら性感染症にかかる確率も一気に上がるわけです。
そのせいで不妊症になってしまう人もいると言いますし、多くの人はあまり症状が出ないので放置してしまうというから怖いですね。
息子たちが中学生になる頃には、かなりそういう事に対する興味が出てくるだろうと思います。
また、まだ浮気への抵抗感も少ない年齢でしょう。
その頃にきちんとした知識を伝えておかないと、浮気などで乱れた生活をしてしまう可能性が高くなってしまいますからね。
浮気男になるなというよりも、あちこち手当たり次第に手を出すと自分が痛い目に遭うと教えておいた方が効果はありそうです。
息子たちにはぜひ、大きくなっても浮気や不倫とは無縁の男に育って欲しいと思います。

Copyright浮気や不倫など男女関係の悩み. All Rights Reserved