知らずに不倫をし、人生が狂ってしまった友人

友人(女性)に、独身だと偽る男性とお付き合いしてしまい、結果的に「不倫」をしてしまっていた人がいます。
友人が28歳の時で、男性は英会話の学校で知り合い33歳だったそうです。出会ってすぐに意気投合し、平日は仕事帰りに頻繁に飲みにいったり、休日も1日デートするなど本当に恋人として普通のお付き合いをしていたので、全く疑いはもたなかったそうです。それもそのはずそのとき男性は単身赴任で1人暮らしをしていたので、彼の家にも泊まることもあって疑う余地もなかったそうです。

しかし浮気が発覚したのは、家に届いた会社の健保組合のからの郵便に女性の名前が連名で書かれていたことからでした。彼は認めざるを得ない状況になり、「家庭は破綻しているので単身赴任を選んだ。離婚は時間の問題だし、本気で一緒にいたいと思っているので待っていてほしい」と言われ、1度はその言葉を信じたそうです。友人いわく、付き合っていても奥さんから電話がかかってきているような素振りもないし、こそこそとメールを見るようなこともないので、本当に関係は終わっていると思ったということです。

そのためそのままずるずるとお付き合いを続けて1年経つころ、彼からあっさりと「転勤になり、家に戻ることになった」と言われたそうです。びっくりして開いた口がふさがらないままでいると「ごめん。やっぱり家族は大事だから。子どももいるし」と言われてさらに驚きで怒りすら湧いてこなかったと言います。
彼の話では「結婚して半年くらいで価値観の違いで別居状態になり、わざと単身赴任を希望して出てきた」ということだったので、まさか子どもがいるなんて思ってもみなかったそうです。

彼の本当の姿は、月に1度定期的に「出張」と偽って奥さんと子どもの元に帰っていたのです。
飛行機で行く距離なので、行き来の時間も費用もかかり、さらに子どもはまだ2歳くらいだったので、奥さんと子どもで訪ねてくるようなことはなかったということらしいです。
既婚とわかったときよりも、いきなり「家に戻る」と言われたときの方がショックが大きかった友人はそれから自分の男を見る目に自信を失ってしまったそうで恋愛に無縁になり、その後8年経つ今も独身のまま、将来未婚を覚悟したと言っています。

妻がいることを隠す最低レベルの不倫をした男はきっと不倫常習者で、今でも嘘に嘘を重ねて生きているのだろうと思うと腹立たしくてなりません。ただ自分の快楽のために人の人生を狂わせる最低男はいつか報いを受けると信じています。

Copyright浮気や不倫など男女関係の悩み. All Rights Reserved