彼女がお金の代わりに失ったもの

 僕が彼女の浮気に気付いたのは大学2回生の夏のことでした。お互い夏休みに入り、これから一緒に過ごせるようになったので、せっかくなら思い出作りのために旅行がしたいと考えて、お互いに別々の短期バイトでガッツリ稼ぐことになりました。

2週間の期間を設けその間はデートを我慢してバイトにお互い集中することにしました。彼女に会えなくてきつい仕事が続くバイト期間はとても苦しいものでしたが、これさえ終われば遊園地や海、旅行などいろんなところに行けるのだなと思えたらいくらでも頑張る気持ちがわいてきて、バイト先の店長に褒められてボーナスをもらえるほどバイトに精を出せました。

そんなこんなでバイト期間も特にトラブルなく終了し、明日からは彼女とデート三昧だと友達に自慢してみたところ彼女の友人が彼女である友達から思わぬ一言を聞いたのです。なんと彼女は先週も先々週も友達と旅行をしていたらしいのです。そのうちの一つには友達の彼女も同行し、もう一つは台湾に行っていたらしくお土産ももらっていたとのことでした。

余りにも突拍子もなさ過ぎて最初はその話を信じていませんでした。彼女との旅行の日が近づいていて焦っていたこともあり、結局友達の質の悪い冗談だと考えて旅行を楽しむことにしました。そして彼女との旅行は滞りなく終わりました。とてもバイトをせずに旅行三昧していたほどに金欠な雰囲気もなく、友達や親せきなどのためのお土産もちゃんと買っていました。
やっぱり冗談だったのだなとその友達に帰ってきてから悪い冗談はやめろと論したところ、自分の彼女に僕の彼女から送らてきたり、一緒に撮ったという旅行を写真を証拠として見せられたのです。確かにそこには台湾などの有名な建物をバックに嬉しそうにしている僕の彼女が写っていました。

そしてその写真をもとに彼女を問い詰めたところ、実はもう一人おこづかいをくれたり、旅行に連れて行ってもらえる30代の彼氏がいることが発覚しました。発覚したのを機に彼女は開き直ってやっぱり羽振りがいい人の方が苦労しなくても楽しく生きれるから一緒にいて楽しい、これからは彼とだけ付き合いたいから分かれてくれと言われました。どうやら彼女の中ではこれは浮気ではなく、僕の方がキープだったようです。

別れてからしばらくはすごくショックでしたが、彼女のような労働に対する対価としてのお金の感覚がない人は一緒にいると自分の身を亡ぼすだろうと考えなおし、今は分かれて正解だったと思っています。世の中は本当に愛ではなくお金だと考えている人がいるのだなと勉強になった経験でした。

Copyright浮気や不倫など男女関係の悩み. All Rights Reserved